忍者ブログ

Tiny Talesピンクのこつぶちいさな本棚ちいさなカンバス

    「ベオウルフ」の全文    
   最近の記事





日記
Tiny Tales
Might and Magic
UO
運営メモ
創作活動
<< >>
1 2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Tiny_Tales

ベオウルフ

2008/02/12(火)
割と最近に映画が公開されていたような。

調べてみて初めて知ったことなんですが、Might and Magic IXって600年代のイギリスが元になってるっぽいですね。
氏族を始めとした世界観も近いですし、何より「リンディスファーン修道院」。M&M9では「リンディスファルネ修道院」ですけど、これは単に発音の問題で、思いっきりまんまですし。
そういえばゲーム内の暦は521年でしたか。
西暦でのこの頃にはまだ修道院は存在してませんけど、大体その辺りを元にしているというのはここからも伺えますね。

って、一体何の話してますか私。

えーと、記事に対する補足コメント。
ベオウルフは英雄と呼ばれつつも結構軽く見られていたそうです。
グレンデル討伐の宝を主君に献上してしまった下りでも、現在の私たちの感覚で言えば忠臣ということになりますけど、当時はその逆だったそうで。
王になれたのも他に適任者がいなかったからで、ドラゴン退治の時に部下がついてきてくれなかったことからも、どんな風に見られていたのかが伺えます。

あと記事では省きましたけど、剣が多く登場します。
例えばウンフェルスがベオウルフに自分の名剣を渡しますけど、一切役に立たなくて結局館にあった巨人の剣の方を使ったとか。
ちなみに巨人の剣は使用後に崩壊。ウンフェルスの剣はその後正式にベオウルフの物になりますが、結局その後使ってません
哀れ、ウンフェルスさん。



前のページ
 347 
 18 
 17 
 16 
 15 
 346 
 14 
 345 
 13 
 12 
 11 
次のページ


忍者ブログ [PR]
PR