忍者ブログ

Tiny Talesピンクのこつぶちいさな本棚ちいさなカンバス

    「Might_and_Magic」の記事だけ    
   最近の記事





日記
Tiny Tales
Might and Magic
UO
運営メモ
創作活動
<< >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[10]サジャード

2015/07/17(金)
山中でビーコンが黄色く反応するので敵の残党を探っていたら、サジャードに入れることを確認。
プロモーション関連のダンジョンはその該当職業がいないとダメだと思っていましたが、ここはドワーフさえいれば中に入れるんですね。何を今更な感が凄いですが。

となると他にも色々入れそうな場所がありそうですね。
それを今やるべきか、先の記事のプロモーションの箇所に含ませてしまうか。
言うまでもなく後者の方がこちらとしては楽なのですが、どのみち構成によりできる/できないが分岐するとなるといちいち全てのルートやマップを用意するわけにはいきませんし、やはり後者が現実的ですか。

とりあえず突入可能条件だけ目視で調べて攻略情報やクエスト、マップのそれぞれの記事に追加しておきますか。
それ自体はあった方が良いというかあって然るべき情報ですし。



入場可否の調査だけで軽く来週一杯ぐらいまでかかるかと思いましたが、目視ながらあっさり終了。
したのですが、イラス寺院だけ目視ではよく分かりませんでした。
他の場所は「エルフ以外立ち入り禁止」などとしっかり書かれているのに対し、イラス寺院の人間ガードは「ウィンドガードにならなければならない」というメッセージ。
ここはちょっと実地で試さないといけませんね。

さしあたって人間がいないパーティー、人間はいるけれど傭兵がいないパーティーの2通りでゲームを始めて、その状態でどうなるかを確認ですね。
後者から先に確認すれば、最低1回で確認が取れますね。ちょっとやってみましょう。



またいちいち女王蜘蛛を倒してソーピガル海岸から出なければならないかと思いましたが、よく考えたら今プレイしているデフォルトパーティーがまさに「人間はいるけれど傭兵がいないパーティー」でした。
それでそのデフォルトパーティーでの結果は「入場できる」でした。
そうなると人間ガードがゴミとしてデータ中に残っているというのでもない限りは、「人間のみ入場可」で恐らく問題なさそうですね。

[10]ダンスタンの記憶踏破

2015/07/16(木)
できましたがマルベスがなかなか強いですね。
とはいえポーションさえ潤沢にあるなら問題なく勝てる相手なので特に問題とはなりませんが。

一方で問題となったのはアイテム欄。
最短で千の恐怖の墓を抜けた時点でギリギリ目一杯持っていたにも関わらず、再回収の後でまたパンパン。
ギリギリ行けるかと思って試しにそのままダンスタンの記憶に入ってみましたが、案の定アイテムを捨てざるを得なくなりました。
もっとも手持ちのアイテムはほとんど無印のゴミばかりですので、数百~最大でも1,000Goldの損失を覚悟すれば問題のない話ですが。

面倒でなければ一旦戻って、ついでに麻痺用の巻物を調達してくるというのでも良いんですよね。
この後カラスの砦に行きますから、それにあたって大量に必要になりますし。
ここで戻っておけばそれぞれ9本ずつは最低揃えられることになりますから、それだけあれば恐らく何とかなるでしょう。
一方でもし戻らないと各6本ずつなので、かなり厳しくなりますね。

ああ、そういえば[123-102]の宝箱も未回収のままでしたね。
帰りにそれもとなると、やはり戻った方が良さそうですね。
サイクロプスを残してある場合には、そちらからのドロップの可能性も出てきますし。

[10]千の恐怖の墓踏破後

2015/07/15(水)
ザ・エヴァンゲリストを鑑定後すぐにとんぼ返りするつもりでしたが、その前にポートメイロン城に報告に寄って経験値を得ることができるみたいですね。
もしザ・エヴァンゲリストを装備できた場合そのLvを1つ上げることができますし、中の残党だけで上がるかどうか微妙な中でダンスタンの記憶を攻略しなければならないとなると、先に上げておいた方が得策でしょう。
装備できない場合でも、やはりダンスタンの記憶攻略に際して+1,500Expというのは嬉しいですしね。

それはそうと旧サイトがようやっと消滅したようですね。
当初の予定から半月延びて、移転開始から1ヶ月半での完了です。
にも関わらずウェブ検索結果は…まだ旧サイトが上に来ますね。……1ヶ月半もあったのに。
100件表示でもページ内に来ませんし…移行期間内に訪問されなかった方は当分見つけられなくなるのでしょう。
Tiny Talesから飛べることをご存知の常連さんでしたら、そこから辿ることもできるんでしょうけど。

[10]千の恐怖の墓突破

2015/07/12(日)
予想以上に遥かに簡単でした。まさかこんなにヌルかったとは……。
今現在最短ルートを辿る方向でマップを作っていますが、これならスタート地点の殲滅と宝箱の回収もやってもいいかもしれませんね。
多少ドロップが増えるのでアイテム蘭的にそこだけが少し心配ですが、宝箱の中身は他でも手に入るスタックアイテムだけですし、何より後でそこまで戻らせるのは少々面倒なんですよね。テレポーター帯通らないといけませんし。

嬉しい誤算はシャドウ・ドラゴン。
てっきりこれの群れで苦戦するものとばかり思っていましたら、どちらかというと影のなにがしの方がよっぽど厄介でした。
恐怖の目の手前の挟み撃ちのところくらいですね、多少苦戦したのは。

その恐怖の目も、攻撃力こそ高いですがかなりあっさり。
総じて戦闘面では苦労することなく、サプライの消費もたったの6。
わざわざ一番多く買えるお店で調達してきた意味がほぼ皆無でした。

ただ、長丁場になるのは間違いないですし。
シャドウ・ドラゴンに楽勝だったのは槍を装備していたおかげというのもあるかもしれませんしね。
あとポーションの大量購入に関しては意味があったので、総じて問題なしとします。


あとダンスタンの記憶ですが、やっぱりちゃんと入れますね。
「一度もクリアしていない状態」での確認を取れていないのでそれで入れない可能性はありますが。
もしも入れない場合はその旨諦めてもらうしかありませんね。

[10]千の恐怖の墓脱出まで

2015/07/01(水)
基本的に手順を追いかけるだけなのでさほど労せず手順を作ることができました。
どの宝箱を放置するかの確認くらいですねかかった手間は。
ガラクタが詰まっていたり、遠回りだったり交戦が必要だったりするものを後回しです。
ポーションが詰まっている宝箱は極力回収。とにかく脱出が主目的。

今後の指針としては、まずザ・エヴァンゲリストを鑑定した後千の恐怖の墓の再攻略。
ダメだと思いますがジャンビヤーが手に入るならそれも鑑定した後で。
恋人のペンダントは再攻略後でいいですね。どのみち鑑定に戻る際に購入するだけでは麻痺対策が追いつきません。

その後は医者を連れてクラッグ・ハックを治療、そのままラスダンに向かって同じく手順を追っかける。
問題は必要最低限で進むか殲滅して進むか。
正しくクリアした場合にどうなるかちょっと分かっていないからなんですが、ここは一度通しで行った後で決める必要がありそうですね。

第3幕の攻略法(後編)

2015/06/28(日)
今度こそ本当に〆。もちろん人のやることですからまだおかしい部分があるかもしれませんが。

そもそもよく考えたらクリスタル・スパイダー・チャンピオンを倒していないとピュラナステと戦えないわけで、以前アップした手順では絶対にこなせないという。
なので検証では確実に先にそれをやっていたわけなのですが、にも関わらず記事では漏れていたという次第。
なかなかまとまった時間が作れなくて何日も日をまたぎながらの作業だったので、そういうこともあります。スミマセン。

バックパックの空き、必要なスクロール類の確保、サプライの温存などについては多分問題ないと思います。
特にサプライは19個残せたのが意外でした。これなら充分攻略できます。

さて残るは第4幕。これに関してはほぼ決まった手順をなぞるだけなのですぐに終われると思いますが、とりあえずその前に一旦リンク集とかあっちの内部リンク整備とかを終わらせてしまいましょう。
第3幕(前編)終了時からそれらを一切触ってないので。

[10]第3幕の攻略法(後編)

2015/06/26(金)
これまで3ヶ月おきペースだったので、今回は早いペースでしたね。見切りでのアップですが。
でも引越しの件があったことを考えればそれでも驚異的ですか。
本来なら各記事1ヶ月以内に上げていかないといけないくらいなんですけどね。。。

通し検証未といっても追加したのは保留クエストの報告と、ピュラナステ戦前にサプライを購入したことくらいなので多分現状でも大丈夫かと。
そのサプライ購入の指示追加のところで重複指示があるのを目視で発見したので若干不安が生まれましたが、ともあれプロモーション完了後、ピュラナステ戦前からでも一旦やり直してそれで作業完了としましょう。

できれば千の恐怖の墓でちゃんと戦えるかどうかも確認しておきたかったですが、仮に戦えなかったとしても修正できるのは連れて行く傭兵くらいですね。
ほとんどの敵は倒し尽くしてしまいましたし、クエストも以下同文。これ以上の強化は見込めませんし。



……しまった、クリスタル・スパイダー・チャンピオンに寄る手順を追加するのを忘れていたみたいです。
とりあえず公開したものはそのままにしておきますが、これから追加作業に入ります。

前のページ
 1 
 2 
 3 
 4 
 5 
 6 
 7 
 8 
 9 
次のページ


忍者ブログ [PR]
PR