忍者ブログ

Tiny Talesピンクのこつぶちいさな本棚ちいさなカンバス

    「Tiny_Tales」の記事だけ    
   最近の記事





日記
Tiny Tales
Might and Magic
UO
運営メモ
創作活動
<< >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

一応トップページに軽く書き足しておきましたが

2016/08/13(土)
記事のリクエストがありましたのでそれについて改めて。
以前はそれ用のページも別途設けてあったんですが、削除して以降確かに分かりづらくなってますね。
投書欄投稿後のページに注意書きできれば良いのですが、掲示板を間借りしたシステムなので投書欄だけにそれを表示するというのは一筋縄ではいかないかも。

受けたリクエストというのは「ラジオ」なのですが、これについては当サイトでは扱うことはできません。
当方で扱うのは主に中世西洋ファンタジーに登場するアレコレですので、中世以前にその下地もない、近代限定のリアル技術はさすがに趣旨にかすらないので。

刀や忍者といった和モノであったり、アンオブタニウムやレプリカントといったSFモノを扱うこともありますが、前者は中世西洋ファンタジーに登場する頻度も高いですし、後者の架空超技術は主に古代文明といった形で登場することも多いものです。
確かに魔法が出てくるファンタジーものにラジオが出てくる例もありますしぱっと2作品は私も頭に浮かびますが、それらは魔法が登場するというだけで科学も別途存在したり、魔法を科学の代替として近代以降に相当する文明を築き上げているという世界観です。
それ以外ですとファンタジー世界とゲートが繋がってこちらの科学文明が流れ込むといった程度でしょうか。
現代を舞台に魔法の力を得た者たちがとなってくるとラジオなんて珍しくもありませんが、そこまで行くともう全く趣旨が違うというのはさすがにご理解頂けるかと。

私の知らないところでガチガチの中世西洋ファンタジーにラジオが登場する例もあるのかもしれませんが、その場合でも魔力を使った装置といった形になるのではないでしょうか。
その場合仕組みや原理を知っておく必要もないですから、当サイトでそれを解説する必要はないと考えます。

蒸気機関

2016/08/02(火)
掲示板の方でやりとりがあったので、お察しの方もおられるかもしれません。
なのですが要望があったのは「蒸気機関車」なのでその要求は残念ながら満たせていないと思います。

馬車について掘り下げた記事があるので蒸気機関車もと思われるのも当然ですが、蒸気機関車は当サイトが主に扱う中世までのものではない上、馬車ほどタイプの幅が広いわけでもないので、「広く浅く」というスタンスからも外れます。
書けることといったら動作機構の他は大まかな車種、代表的な車両の紹介ということになるのでしょうが、そういったことはそれこそ専門性の高いサイトで調べられた方がよっぽど良いと思いますので。

しかし蒸気機関車は確かに登場する作品も多いですし、それならばということで蒸気機関の方の歴史をざっと紹介することにしました。
リクエストをくださった方には申し訳ありませんが、当サイトではこのような形が精一杯です。


あと更新予定日残り1時間での更新ということで、もしかしたらおられるかもしれないチェッカーさんにもスミマセン。
この手の形式の記事は調べるのも作るのもルビ振るのも手間がかかるので、時間いっぱいいっぱいまでかかってしまいました。
加えて今回はアイコンも一から手作りの動く画像でしたし。

とりあえずスケジュール的な余力の方は幸いまだ残っているので、次こそはお蔵入りになっているあの記事を。
できたらいいなと思うのですが、もうどうなるか分かりません。

レプリカント

2016/07/19(火)
インスタントに言ってしまうとクローン的な何か。
なのでアイコンをどうしようかそこが一番困ったところですが、なんとなく当時のアメリカっぽい感じもする人型モンスターがあったのでそれで。
アメリカの方からすると全然そんなことはないんでしょうが。

時間的余裕については、今回は大分稼ぐことができました。
なので次かその次くらいには例の要確認案件をアップすることができるのではないかと思います。
いっそのこと没にしてしまった方がこちらとしては楽なんですが。そもそも記事としては大したことのないものですし。

城下町

2016/07/05(火)
今回は和物です。
和物といいますかそうと知らずに題材の選定をしてしまってそのまま作った結果がこれです。
海外にも一応同種の概念を持った都市構造は存在するみたいですが、一般的ではなかったというのがちょっと意外。
一般的でないどころか普通に海外のものだと思ってました。

そんな勘違いを同様にされておられる方もいるかもしれないということで今回の掲載をば。
でなくても城郭都市との比較参考にはなるのであっても問題ないのではと。
とはいえ学校の教科書に載っている方がもっと詳しい程度ですので、きちんと修めてこられた方には不要でしょうね。


しかしなかなか時間が作れません。
試しに一日のスケジュールを概算したみたら平均して取れる作業時間が30分。
それが他に何もイレギュラーな予定が入らなかったらの場合ですので、実際はもっと削られます。

土曜日はいくらか時間が取れるのでそれでなんとか埋めてる感じですが、今回はその分をこつぶの方の確認と修正に割いてしまいました。
割いたといってもご指摘のものを負確認しただけで、結局質問に対しては満足に回答することもできず。。。
このままでは先日作った記事がお蔵入りになりかねないですが、それだけはなんとしても避けたいです。

ウォレスの剣

2016/06/21(火)
実在する剣&大した情報もないので今回こそ本当に楽な更新。
唯一苦労した点は、全長の情報が163cmと書いてあるところと168cmと書いてあるところの2通りの情報が存在したこと。
インチで計測してそこからセンチも併記してある都合上3と8を見間違えたとも考えにくいですし、この間違いは一体どこで生まれたのやら。

168cm説を採用したのは、刃の部分の長さの情報と実物を撮影した写真から。
ただ何枚かで試してみたんですが171cmになるんですよね。どちらとも違う。
剣先がM字に欠けているので本当の先っぽではなくもう一方の先端なのかそれとも窪んだ部分なのか。あるいは単純に誤差なのかは分かりませんが、とにかく大体171なら163の可能性は薄いだろうと考え168に。

ところで今気付いたんですが、情報にあった刃の長さとアイコンのそれと合わせるの忘れてました。あと幅も。



試しに調整してみましたが、情報通りのサイズにピクセルを合わせるとかえって似なくなりますね。。。
とりあえず数値は無視して見た目同じ印象になるよう微調整はしてみましたが、これ本当公開されてるサイズ合ってるんでしょうか……?

オープンワールド/サンドボックス

2016/06/07(火)
別々の記事でも良かったかなとアップした後になって。
思ったんですがやはり一緒の方が色々と都合は良いですね。時間稼ぎという観点からはもったいないですが。

前回書きました「裏を取る必要がある記事」。これの時間を稼ぐために簡単な記事をいくつか作ってと思ったのですが結局今回も手間取る羽目に。
最終的に箇条書きにしましたが、ここの部分をなるべく分かりやすく書こうと何度も一から書き直しまして。
した結果でまだこのテキスト量ですが、これでも最初から見れば大分削ることができました。

記事的には2タイトルですが、メニューの方にはシームレス、ノンリニア、フリーシナリオも入れてあります。
それらの説明は本記事で充分果たせますし、別個に作る必要はないでしょう。
すなわちこれらの数の記事を作ったに等しいというわけで…なんで今回これ選んだ私(_ _;)。

結局日付が変わる1時間前での滑り込みですが、次こそは簡単な記事で済ませたいと思います。
さすがにお仕事で三徹挟むような事態はもうないとは思いますが、後がないというのは精神的にもつらいので。

死後の世界(キリスト教)

2016/05/24(火)
定期更新を待ち構えておられる方がおられるかどうかは分かりませんが、更新が遅れてスミマセンm(_ _)m
とりあえずアップはしましたが、サイト内検索の整備はまだです。トップから直接開けるので当面は必要ないでしょうが。

1週間前には別の記事を作り終えていたのですが、実在する/しないの裏すら満足に取れなかったものでとりあえず保留しまして。
仕方ないので代わりにリンボをと思ったのですが、リンボを書くなら他の地獄も、他の地獄も書くなら天国も、天国も書くなら神曲の方のそれも、神曲に触れるならその全貌をといった具合にどんどん書くことが膨らみまして。
結局更新予定日の残り1時間になってやっとアップ。チェックも甘いですが、それについては検索インデックスの整備がてらやっていきたいと思います。

アイコンは作る余裕なんてなかったのでとりあえずキリスト教のを使いまわし。
時間があれば神曲のアレ、皮を剥いたウリみたいなイメージ図でも載せれれば良かったのかもしれませんが。

前のページ
 1 
 2 
 3 
 4 
 5 
 6 
 7 
 8 
 9 
 10 
 11 
次のページ


忍者ブログ [PR]
PR