忍者ブログ

Tiny Talesピンクのこつぶちいさな本棚ちいさなカンバス

    「Tiny_Tales」の記事だけ    
   最近の記事





日記
Tiny Tales
Might and Magic
UO
運営メモ
創作活動
<< >>
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ルイン

2016/09/13(火)
今回のテキストは軽め。
本来はどの記事もこれくらいライトで行きたいというのが本来の方針なんですが。

書いてあることは基本的に辞書を引けば載っている程度のもの。
というか字義の説明になるのでそれ以上に書くことがありませんでした。

船首像

2016/08/30(火)
屋根窓やレリーフの例があったので、アップした後で建造物の方に入れるべきだったか戸惑いましたが、仮に船を記事とした場合はアイテムの方に入れるということで解決。
起源や理由が諸説あるものだったのでそのルーツを辿って裏を取るのに手間取りましたがその程度。アイコンは無加工でそのまま使えるものがあったので楽でした。
できればドラゴンじゃなくて女性像の方がよりそれっぽくはなったんですが。

さて繰り返しますが、ラジオと銃火器一覧はやりません。あしからず。
ガイドラインはトップページに設けたリンク先にある通り。
あまりガチガチにはしたくないのですが、人により認識が大きく異なると分かった以上、今後のためにもこういった共通認識は必要になってくるでしょうから。

サイトの方針とリクエストの判断基準

2016/08/19(金)
ルビ入れも済んでいない、まだチェックの甘い状態ですがまた次のリクエストが来てしまったので取り急ぎ。

きちんとしたガイドラインを設けていなかったため「西洋ファンタジー」の範囲が人によって曖昧になっていたのが今回の件の原因ですね。
とりあえず蒸気機関車含め、それは当サイトの趣旨には沿わないという旨がリクエスト主様に伝われば良いのですが。。。

双頭槍

2016/08/16(火)
一度出来上がった記事を保留して再度一から調べ作り直しても同じような内容にしかなりませんでした。

これが例の「裏を取りたい」と言っていた記事ですが、まず西洋方面は史実関連の資料が見つからない&中国方面は満足に記事が読めない。
その中国の演舞に関する資料なら日本語と英語である程度は見つかるんですが、どれもそこまで詳しいことは書いていない。
あくまで数多ある中国の演舞用武器の中の1つといった程度の扱い。

一応、西洋の方でこの類の武器が発掘されたという話はあったんですが、それが実際に使われたのかは一切不明。モノだけで関連資料が一切ないので。
ですのでもちろん用途も不明。馬上で~というのはあくまで噂レベルの話でしかありません。


さて双頭槍についてはそんなところで。
改めて書かせて頂きますが、リクエストのあった「ラジオ」は取り扱う予定はありません。
数日の内にトップの方にも分かりやすい形で基準等を記載するつもりではいますが、そういうわけですのでご容赦ください。
実際に登場する作品の具体例でも挙げて頂ければ気が変わる可能性もありますが…いや、1,900年以降の技術はやはりナシですね、ごめんなさい。

一応トップページに軽く書き足しておきましたが

2016/08/13(土)
記事のリクエストがありましたのでそれについて改めて。
以前はそれ用のページも別途設けてあったんですが、削除して以降確かに分かりづらくなってますね。
投書欄投稿後のページに注意書きできれば良いのですが、掲示板を間借りしたシステムなので投書欄だけにそれを表示するというのは一筋縄ではいかないかも。

受けたリクエストというのは「ラジオ」なのですが、これについては当サイトでは扱うことはできません。
当方で扱うのは主に中世西洋ファンタジーに登場するアレコレですので、中世以前にその下地もない、近代限定のリアル技術はさすがに趣旨にかすらないので。

刀や忍者といった和モノであったり、アンオブタニウムやレプリカントといったSFモノを扱うこともありますが、前者は中世西洋ファンタジーに登場する頻度も高いですし、後者の架空超技術は主に古代文明といった形で登場することも多いものです。
確かに魔法が出てくるファンタジーものにラジオが出てくる例もありますしぱっと2作品は私も頭に浮かびますが、それらは魔法が登場するというだけで科学も別途存在したり、魔法を科学の代替として近代以降に相当する文明を築き上げているという世界観です。
それ以外ですとファンタジー世界とゲートが繋がってこちらの科学文明が流れ込むといった程度でしょうか。
現代を舞台に魔法の力を得た者たちがとなってくるとラジオなんて珍しくもありませんが、そこまで行くともう全く趣旨が違うというのはさすがにご理解頂けるかと。

私の知らないところでガチガチの中世西洋ファンタジーにラジオが登場する例もあるのかもしれませんが、その場合でも魔力を使った装置といった形になるのではないでしょうか。
その場合仕組みや原理を知っておく必要もないですから、当サイトでそれを解説する必要はないと考えます。

蒸気機関

2016/08/02(火)
掲示板の方でやりとりがあったので、お察しの方もおられるかもしれません。
なのですが要望があったのは「蒸気機関車」なのでその要求は残念ながら満たせていないと思います。

馬車について掘り下げた記事があるので蒸気機関車もと思われるのも当然ですが、蒸気機関車は当サイトが主に扱う中世までのものではない上、馬車ほどタイプの幅が広いわけでもないので、「広く浅く」というスタンスからも外れます。
書けることといったら動作機構の他は大まかな車種、代表的な車両の紹介ということになるのでしょうが、そういったことはそれこそ専門性の高いサイトで調べられた方がよっぽど良いと思いますので。

しかし蒸気機関車は確かに登場する作品も多いですし、それならばということで蒸気機関の方の歴史をざっと紹介することにしました。
リクエストをくださった方には申し訳ありませんが、当サイトではこのような形が精一杯です。


あと更新予定日残り1時間での更新ということで、もしかしたらおられるかもしれないチェッカーさんにもスミマセン。
この手の形式の記事は調べるのも作るのもルビ振るのも手間がかかるので、時間いっぱいいっぱいまでかかってしまいました。
加えて今回はアイコンも一から手作りの動く画像でしたし。

とりあえずスケジュール的な余力の方は幸いまだ残っているので、次こそはお蔵入りになっているあの記事を。
できたらいいなと思うのですが、もうどうなるか分かりません。

レプリカント

2016/07/19(火)
インスタントに言ってしまうとクローン的な何か。
なのでアイコンをどうしようかそこが一番困ったところですが、なんとなく当時のアメリカっぽい感じもする人型モンスターがあったのでそれで。
アメリカの方からすると全然そんなことはないんでしょうが。

時間的余裕については、今回は大分稼ぐことができました。
なので次かその次くらいには例の要確認案件をアップすることができるのではないかと思います。
いっそのこと没にしてしまった方がこちらとしては楽なんですが。そもそも記事としては大したことのないものですし。

前のページ
 1 
 2 
 3 
 4 
 5 
 6 
 7 
 8 
次のページ


忍者ブログ [PR]
PR